消費者金融のお店に足を踏み入れてキャッシングすることに不安感があると言うのなら、銀行系のサービスでも即日融資に対応しているとの事ですから、銀行に行ってカードローンを活用してみてください。

審査に求められる時間もそれほど長くなく、話題の即日キャッシングも行う消費者金融系キャッシング企業は、老若男女を問わず徐々に注目される存在になるだろうと見込まれています。
即日融資のサービスがあるカードローンのメリットは、なにより即日で入金してもらえることだと言えます。
それから借り入れ制限内であれば、複数回貸し付けて貰えます。使用する実質年率は、その方の信用度で異なると聞いています。

一定レベル以上の金額が必要な方は、低金利カードローンを活用する事を考えましょう。
現在見ていただいているサイトは、「これからすぐお金が要る!」などといわれる人用に即日キャッシングを行なっている金融業者を、事細かにリサーチし、公開しているサイトです。

過去の実績としてどれ程借り入れを受けて、いくら返せているのかは、どこの金融業者も知れるようになっているのです。
悪影響を及ぼす情報だと判断して出まかせを言うと、信用度が下がり一層審査のハードルが上がるようです。

キャッシングで現金が必要な時に、少しでも早いほうがいいなら、「消費者金融、しかも大手」のいずれかにするようにしてください。
銀行カードローンで手続きしても、手短に現金を入手することはできないとされているからなのです。

一旦キャッシングの申込みと契約までは完了させておいて、実際に資金が足りなくなった時に利用をするみたく、何ともしようがない時のために用意しておくというユーザーも多数見られます。

好みに合うカードローンを発見することができたとしたところで、何といっても気掛かりなのは、カードローンの審査が無事済んで、間違いなくカードをゲットできるかということでしょう。

プロミスという業者は、非常に良好な即日キャッシングに対応している業者です。
審査の手際もよく、借り入れが可能か否かの結論が出るまでの時間がほとんど60分以内というのは、時間が差し迫っている人には相当喜ばしいサービスだと言っていいでしょう。

申込時の書類はネットを介してカンタンに送ることが出来ます。
即日入金のカードローンが出来ない深夜であるならば、翌朝一番乗りで審査に回してもらえるよう、申込だけは入れておいた方が賢明です。

無人契約機を用いれば、申込は当たり前として、お金を受け取るまでに必須の操作をそこで完了することができます。
その時にカードも提供されますので、次からはどこでも貸してもらえるわけです。

地方の小さなキャッシングがメインのローン業者ですと、多少心配になるのは当たり前のことです。
そういう状況の時に助けになるのが、その業者についての利用した人の口コミや感想です。

楽にスマホを活用してキャッシングを申込めるので、とっても効率が良いと言われます。
一番の売りは、好きなときに申込が可能だということでしょう。

給料日になるまで、ほんの数日助けてくれるのがキャッシングだと思います。
少々の間だけ利用すると言うのであれば、とても良い方法だと言っても過言ではありません。

多様なキャッシングの申込するときは、全く同じに思えても一般的な条件よりもかなり低金利であるとか、利子を払わなくて済む無利息期間まで用意してくれているとか、世の中にいくらでもあるキャッシングごとの長所や短所は、やはり会社ごとに全く違うともいえます。

あなた自身が他のキャッシング会社から借金の合計で、年収の3分の1以上となるような借入になっている人間ではないか?そのうえで自社以外の他の会社に申し込んで、定められたキャッシング審査を行ってみて、キャッシングが認められなかったのでは?といった点に特に注目して徹底的に調べることとされています。

新規申し込みによってキャッシングを考えているなら、前もっての調査など準備が肝心です。最終的にキャッシングについての申込をするのであれば、ポイントになる利子もちゃんとチェックしておくことが大切なのです。

インターネットを利用できる準備があれば、消費者金融による当日振込も可能な即日融資を受けられる、可能性があると言えます。どうしてもこういう言い方になるのは、必要な審査があるので、無事にそれに合格したら、即日融資を受けられるということが言いたいわけです。

キャッシングの際に審査という言葉のイメージのせいでとても大変なことのように思ってしまうという方がたくさんいらっしゃるのかもしれませんけれど、特に問題がなければ様々なデータに基づいてマニュアル通りに、利用者は何もしなくてもキャッシング業者側が進行してくれます。

今までの勤務年数と、住み始めてからの年数もカードローンの審査事項です。ですから社会人になってから現在までの勤務年数や、申し込み日現在における現住所で住んでいる年数が一定以下の長さしかなければ、それによってカードローンをできるかどうかの審査のときに、不利な扱いを受けると考えていただいた方がいいでしょう。

他よりも金利が高い業者もいるので、この点については、きちんとそれぞれのキャッシング会社が持っている特質を調べていただいてから、借入目的にピッタリの会社にお願いして即日融資できるキャッシングを利用するというのが最もおすすめです。

実は同じ会社内でも、ネットキャッシングしたものだけ、すごくうれしい無利息キャッシングで融資可能としているところだってあるわけですから、キャッシングの申込や比較をするときには、サービスの中身だけでなく申込のやり方などについてだって徹底的な確認が欠かせません。

いわゆるポイント制があるカードローンだと、ご利用状況に応じて独自のポイントをためていただくことができるようして、融資されたカードローンの契約時に定められた支払手数料に、集めてもらったポイントを現金での支払いの代わりに充てていただくことが可能な会社だってあるんです。

かなり前の時代であれば、新たにキャッシング申し込みをしたときの事前審査が、今では考えられないほど甘かった時代が存在していたんです。だけど近頃はどのキャッシング会社でも基準がすっかり変わって、新規申込者に対する審査の際には、マニュアルに沿った信用調査が完璧にやっているということです。

便利なことに近頃は誰でもインターネットで、窓口を訪問する前にあらかじめちゃんと申込んでおけば、キャッシングの可否の結果がお待たせせずにできるというシステムを取り入れている、利用者目線のキャッシング取扱い業者も見られるようになっているようです。

ご存知のカードローンっていうのは即日融資することも可能です。だからその日の午前中に新規カードローンの申込書類を提出して、審査が通ればなんと午後には、依頼したカードローンの会社から融資を受け始めることができるわけです。

今回の融資以前に、借り入れたけれども返せなかったなどの問題を発生させた経験があれば、これからキャッシングの審査を無事に通過することはもうできないのです。従って、本人の今までの状況が、いいものでなければいけません。

申込んだキャッシングの審査のなかで、現在の勤務先である会社などに電話コールがあるのは、阻止できないのです。在籍確認というのですが、先に提出済みの申込書に記載した会社などに、在籍中であることを確かめるために、今の勤務場所に電話を使って確かめているというわけなのです。

うれしいことに、あちこちのキャッシング会社で注目の特典として、利息は一切不要の無利息期間サービスをやっています。ですから期間の長さによっては、本来必要な金利のことは考えなくてもOKということになります!

高くても低くても金利を何が何でも払わずに済ませたいと思っているなら、始めのひと月だけ金利を払わなくてもいい、うれしいスペシャル融資等が利用できる、プロミスなどの消費者金融会社の即日融資で借金するのをはじめにやってみてください。

今日の支払いが間に合わない…なんて方は、単純に申し上げて、申し込み日の入金も可能な即日キャッシングを利用して借り入れするのが、イチオシです。お金を何が何でも今日中に入金してもらわないと困るという事情がある場合は、もっともありがたいサービスではないでしょうか。

あらかじめ決められた日数は、利息が不要となっている無利息キャッシングであれば、ローンを取り扱っている業者に支払うお金の総計が、確実に無利息期間の分は少なくなるので、かなりうれしいサービスです。そのうえ、審査の内容が、きつくなっているということもないのでイチオシです。

金利の数字がカードローンの金利よりも少々高くたって、借りるのがあんまり多くなくて、すぐに返すのなら、審査にパスしやすくちょっと待つだけでお金を準備してくれるキャッシングを利用するほうがいいと思います。

カードローンによって利用した金額が多くなれば、毎月返済しなければいけない額も、絶対に増えるのです。お気軽にご利用いただけますが、カードローンと名前であっても実際は借金であるという事実を念頭に、将来のことを考えてご利用は、本当な必要なときだけにとめておくようにしなければいけません。

大きな金額ではなく、キャッシングから30日間さえあれば完済できるだけの、借りることにするときには、本当は発生する金利がいらなくなっている人気の無利息キャッシングを実際に確かめてみるのもいい選択です。

カードローンを利用した場合のメリットというのは、返したいと思ったときに何時でも、返済できるところだと思います。年中無休のコンビニのATMを使っていただいてたとえ出先であっても返済することができるし、インターネット経由で返済!というのもできるのです。

ネット上で、キャッシングでの融資を申込むときの手順はかんたん!画面の表示を確認しながら、必要な内容を間違いないように入力してデータを送信すると、融資についての仮審査の結果を待つことが、可能になっているのです。

近頃利用者急増中のキャッシングの申込む際もの方は、店舗の窓口のほかファクシミリや郵送、ホームページなどインターネットを利用してなど多くの方法が準備されていて、商品によっては用意された複数の申込み方法から、希望のものを選択して申し込みをすることができるところも多いようです。

様々なカードローンの会社には、信販系(クレジットカード会社)、CMなどでよく見かける消費者金融系の会社、このようなものが存在します。銀行関連の会社の場合は、審査時間がとても長いので、なかなか即日融資は、実現できないこともあるわけです。

即日キャッシングは、融資の可否を判断する審査でうまく通過すれば、必要な金額を全然待たされることなく貸してもらえるありがたいキャッシングなんです。お金が足りないなんてことは何の前触れもありませんから、スピーディーな即日キャッシングでの借り入れというのは、救いの神のように実感すると思います。

軽率に便利なキャッシング審査の申込をするようなことがあれば、認められる可能性が十分にある、新規のキャッシング審査ということなのに、結果が良くないケースだってありますので、特に注意してください。

融資の利率が高いこともあります。そこは、念入りにキャッシング会社別で異なる特質について自分で調査したうえで、用途に合う会社で即日融資可能なキャッシングを使うというのが最善の方法ではないでしょうか。

あなたがカードローンを申し込みたいのであれば、もちろん審査に通らなければいけません。その審査にOKをもらえなかった方については、融資を申し込んだカードローン会社から受けられるはずのありがたい即日融資を実現することは適わないことになります。

現在ではキャッシングとローンが一つになったキャッシングローンという、聞きなれない言い方も使われていますので、キャッシングだとしてもカードローンであって、実際問題として区別が、おおかた失われてしまったと言ってもいいのではないでしょうか。

昔のことでも、滞納や遅延などの返済問題を引き起こしてしまっていると、キャッシングの新規申込審査を通っていただくということは残念ですができません。従って、キャッシング希望なら過去も現在も記録が、良しとされていないようでは認められることはないのです。

平凡に仕事している大人なら、事前に行われる審査をパスできないようなことは聞いたことがありません。正社員に限らずアルバイトやパートの方も問題なく即日融資してくれることがほぼ100%なのです。

いわゆる消費者金融系の場合は、ちゃんと即日融資が可能になっている場合についてもけっこうあります。とはいっても、その場合であっても、その会社の審査というのは受けなければ即日融資はできません。

テレビなどのコマーシャルでも御存知の新生銀行のサービスであるレイクを申し込む場合、パソコンだけでなく、スマホを使って申し込んでいただいても一度も来店しなくても、驚くことに申込を行ったその日に振り込みが完了する即日キャッシングも適います。

わずかな期間で、多数の金融機関に、断続的にキャッシングの申込がされているような場合などは、現金確保のために奔走しなければいけない状態のような、印象になってしまうので、事前審査ではかなり悪い方に働いてしまいます。

手軽で便利なキャッシングの会社に事前審査をしてもらうよりも前になんとかしてパートなんかでもいいから何らかの仕事に就かなければいけません。ちなみに、勤めている年数は長期間ほど、審査において有利にしてくれます。

多くの人が利用しているとはいえカードローンを、連続して利用し続けていると、借金をしているのに自分の銀行口座を使っているだけのような事実とは違う認識になってしまうことがあります。このようになってしまったケースでは、時間を空けることなくカードローンの利用が可能な限度の金額まで達してしまうのです。

よく見かけるのは、「キャッシング」「カードローン」この二つの単語だと言えますよね。そっくりみたいだけれど、違うところはどこですかというお問い合わせが結構あるのですが、大きな違いではないのですが、返済に関する計算方法が、若干の差があるぐらいしか見当たりません。

新規融資のお申込みから、キャッシングされるまで、にかかる時間が、スムーズに手続きできれば最短で当日のサービスで取扱い中のところが、少なくないので、どうしても今日中にまとまった金額のお金を用意する必要があるなら、消費者金融系によるスピーディーなカードローンを選ぶのがベストです。

借入の用途に最も有利な条件のカードローンはどの会社のものなのか、ゆとりを持った返済額は毎月いくらでボーナス時には、一体いくらなのか、について確認してから、ゆとりのある計画を組んで後悔しないように上手にカードローンを利用していただきたいと願っております。

申込んだキャッシングの審査のなかで、現在の勤務先である会社などにキャッシング会社から電話をされてしまうのは、回避するわけには行きません。あれは事前審査のひとつで在籍確認といって、申込書に書かれている勤め先に、確実に勤務中であることについて確認しなければいけないので、今の勤務場所に電話をかけて確認しているのです。

人気を集めている無利息でOKの無利息キャッシングだったら、なんと無利息期間の30日間で、返済に失敗しても、これ以外のキャッシングで利息が設定されて借りたものと比べてみて、発生する利息がかなり少額で抑えられるのです。だから、素晴らしい素晴らしいサービスなんです。

即日キャッシングは、申し込みの際の審査で認められれば、お望みの金額を申込んだ日のうちに調達可能なキャッシングなんです。出費がかさんでピンチなんてのは何の前触れもありませんから、他に方法がないとき、即日キャッシングでの借り入れというのは、まさに「地獄で仏」だと思えるのではないでしょうか。

最も重要とされている審査の際の条件は、やはり融資する個人の信用に関する情報なのです。今回申込を行うよりも前に各種ローンの返済の、遅延をしたとか未納、自己破産の記録があったら、困っていても即日融資については無理というわけなのです。

現代は、よりどりみどりといってもいいくらいの数のキャッシングローン会社でキャッシングが可能です。ネットやテレビで広告やCMを見聞きすることが多い消費者金融なら知名度の点でも問題なく、会社を信用して、新規申込みをすることもできちゃうのでは?一度検討してみてください。

この頃はスピーディーな即日融資による融資をしてくれる、キャッシング会社がたくさんあるわけです。新規作成されたカードがあなたに届くよりも早く、申し込んだ金額が指定口座に送金されるわけです。手続はお店に出向かずとも、かんたんにネット上で可能な手続きなのでどうぞご利用ください。

金融機関等の正確な、あやふやになりがちなキャッシング、ローンについての情報を豊富に持つ事で、無駄な悩みや、うかつな行動が関係して起きる数々の事故などが発生しないように備えるべきです。きちんとした知識を身に着けないと、厄介なことになりかねません。

まだ今は、例の無利息OKのキャッシングサービスを提供してくれているのは、いろんな会社の中でも消費者金融のキャッシングによるものだけとなっているようです。ただし、全く利息がいらない無利息キャッシングが実現できる日数は一定に制限されています。

予想と違って支払いに困るなんて言うのは、性別では女性のほうが多いとされています。今から利用者が増えそうなもっと便利で申し込みしやすい女の人だけに提供してもらえる、即日キャッシングなんかもたくさんになってくれると重宝しますよね。

キャッシングの審査は、キャッシングであればどんなものを利用して融資を受けるのであっても必要であると定められていて、申込をした人に関する現況を、包み隠さずキャッシング業者に提供する必要があるのです。それらのデータなどを活用して、融資の判断を行う審査がしっかりと行われているのです。

キャッシングというのは、他のものよりも審査がわずかな時間で完了し、即日キャッシングによる振込処理が不能になってしまう時間より前に、必須の契約の手続きが全て終わらせることができれば、とても便利な即日キャッシングで振り込んでもらうことが認められます。

申込んだ本人が確実に返済していけるかどうかについて細かく審査しているのです。滞納せずに返済することが間違いないという結果を出せたケース、このときだけ審査を行ったキャッシング会社は資金を融通してくれるのです。

キャッシングを希望している人が自社以外のキャッシング会社から借入の総額で、年間収入の3分の1以上の借入はされていないのか?他社に申し込みを行って、所定のキャッシング審査をしたけれども、断られた者ではないか?といった項目などを社内で定められた手順に沿って審査しています。

街で見かける無人契約機を使って、申込んでしまうという最近人気の申込のやり方もおススメの方法の一つです。窓口じゃなくて専用端末で自分で新規申込みを行うので、最後まで誰にも会わずに、必要なときにキャッシングで貸してもらうために必要な申込が可能なのです。

新たなキャッシングのお申込みをしてから、実際にキャッシングが行われるまで、の所要時間が、問題なければ最短当日としているサービスが、いくらでもございますから、余裕がないけれどまとまった金額のお金を用意する必要があるなら、いわゆる消費者金融系カードローンを選ぶとよいです。

口座にお金がない!なんて悩んでいるなら、単純に申し上げて、当日入金もできる即日キャッシングを使ってお金を準備するのが、いいでしょう。大急ぎでまとまった現金を手にしなければいけないという場合には、もっともありがたいキャッシングサービスだと思います。

キャッシングの申し込みをすると、仕事場に業者から電話が来るのは、回避できません。あの電話は在籍確認といって、申込書に書かれている勤め先に、勤務している人かどうかについて確認しなければいけないので、あなたの勤め先に電話チェックをするわけです。

人気の高いカードローンは、資金の用途を制限しないことで、使いやすくなって人気が集まっています。使い道に制限があるローンよりは、利息が大きくなりますが、それでもキャッシングよりは、金利が小さい数字になっていることがメインになっているようです。

いくつかの会社で実施されている無利息キャッシングを利用していただく場合は、30日以内に、完済が不可能になっても、無利息を使わずに金利も普通どおりの条件で借り入れたケースと比較して、支払う利息が少額で抑えられます。ということで、とっても魅力的なものなのです。

様々なカードローンの取り扱いマニュアルなどで、いくらか相違は無いとは言えませんが、どこでもカードローンの取り扱いがある会社は定められた審査基準に沿って、申込をした人に、即日融資で対応することが可能かそうでないか確認して会社の意思を決めるのです。

今人気抜群のキャッシングに融資の審査を依頼するよりは前に頑張ってパートとかアルバイトぐらいの仕事にはなんとか就かなければいけません。あたりまえですが、就業年数は長期のほうが、審査を受けるときにいい方に働きます。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)、モビットなど、CMなどでほぼ毎日見たり聞いたりしている、超大手の場合でも同じように即日キャッシングができて、申込んだ日にあなたの口座への振り込みができちゃいます。

キャッシングの申し込みを考えているところなら、前もって調査することが必要なので忘れないで。何らかの事情で新規にキャッシングでの融資の申込を依頼することになった場合は、業者によってかなり異なる利子についてもいろいろ調査・比較しておくこと。

忙しい方など、インターネットで、キャッシング会社のキャッシングを申込むときの手順はかんたん!画面の表示を確認しながら、住所や名前、収入などの事項をすべて入力してデータ送信する簡単操作で、本審査の処理が早くすることができる「仮審査」の準備を完了することが、できますからおススメです。

意外かもしれませんがキャッシングとローンがどう異なるのかについては、力を入れて調べて知識を備えていただく必要は全然ないのです。ですが実際にお金を貸してもらうときには、融資してもらったお金をどうやって返済していくのかに関しては、間違いないか精査した上で、申し込むことが大切です。

インターネット環境が整っていれば、消費者金融に申し込んで迅速な即日融資が実現可能になる、可能性が確実ではないけれどあります。あくまで可能性なのは、事前に審査があるので、それに通れば、融資してもらうことができるという意味なのです。

過去のキャッシングなどにおいて、いわゆる返済問題を引き起こしたことがあれば、さらなるキャッシングの審査を通過して融資を受けていただくことは無理です。結局のところ、本人の今までの状況が、良しとされていないようでは通りません。

非常に古いときなら、キャッシングを新規申込んだときの事前審査が、だいぶん生温かった年代もあったようですが、最近の申込に関しては以前以上に、事前審査のときには、申込者に関する信用調査がじっくりと行われるようになっているのが現状です。

キャッシング会社などを規制している貸金業法では、申込書の記入・訂正についてもいろいろとルールがあり、申しまれたキャッシング会社の担当者によって申込書の誤りを訂正することは、規制されていて破ればもちろん法律違反です。ちなみに書類に記入ミスがあった場合は、二重線で誤りの部分を消して加えてはっきりとした印影による訂正印がないと正式な書類として受け付けてくれないのです。

新規キャッシングをしたいときの申込の仕方で、ほとんどの方が使っているのは、忙しくても大丈夫なWeb契約というかなり使えるテクニックです。融資のための事前審査を受けて融資可能と判断されたら、、それで契約締結で、膨大な数のATMを使ってキャッシングすることが可能になるということです。

一言でいうと無利息とは、お金を貸してもらったのに、完全に利息が0円の状態を言います。無利息キャッシングという名前で呼ばれてはいますが、間違いなく借金なので何カ月間も利息いらずの状態で、貸したままにしてくれるという意味ではないですよ。

検討しているのがどの系列の会社による、カードローンでどんな種類のものなのか、といった点についても注意が必要です。どんな特色があるのかを検証して、希望の条件に近いカードローンを上手に見つけ出してください!

支払利息という面ではカードローンを使った時の利息よりはたくさん必要だとしても大きな額の借金じゃなくて、少ない日数で返してしまうのなら、めんどうな審査じゃなくてあっさりとお金を準備してくれるキャッシングで貸してもらうほうが納得できると思います。

現在では非常にわかりにくいキャッシングローンという、呼び名もありますから、キャッシングでもカードローンでも問題なし!なんて感じで、事実上使い分ける理由が、完全と言っていいほど意味のないものになったということで間違いないのではないでしょうか。

例えばCMでおなじみの無人契約機から、融資を申込むというスピーディーな方法も用意されています。窓口じゃなくて専用端末で申込むことになるわけですから、誰にも会うことなく、便利なキャッシングを内緒で申込むことができるのです。

 

おまとめローンとは、複数社からの借入を一本化する「おまとめ」するローンの事で、おまとめする事で、既存のローン契約より低金利な契約に切り替え、借金の総額を減らし、毎月の返済負担を減らしながら、完済を目指すものです。

おまとめローンを利用した場合のメリット

おまとめローンの最大のメリットは、金利が低くなることで、同じ金額を返済しても、元金の減額スピードが格段にアップすることです。

たとえば、50万円(金利18%)を4社の消費者金融から借りている場合、総額200万円を18%で借り入れしているのとおなじことですから、一ヶ月分の利息は

(2,000,000円 × 18(%)) ÷ 12 = 30,000円

となり、毎月の返済額を50,000円とした場合、元金に充当されるのは

50,000円 - 30,000円 = 20,000円

となり、返済額の40%が元金に充当される形となっています。

もしこれを実質年率8.1%※の低金利カードローンでおまとめした場合はどうなるでしょう?

その場合の一ヶ月分の利息は

(2,000,000円 × 8.1(%)) ÷ 12 = 13,500円

となり、毎月の支払額を50,000円とした場合、元金に充当されるのは

50,000円 - 13,500円 = 36,500円

ですから、返済額の73%を元金の返済分として充当することが出来るのです。

もし、今の返済額50,000円がかなり無理をして実現しているのであれば、これを40,000円にしたとしても、元金に充当されるのは

40,000円 - 13,500円 = 26,500円

ですから、返済額の66.2%を元金充当に当てることが可能です。
つまり、18%で返済していたときより、多い元金充当額を確保しながら、毎月の返済負担を軽減する事も可能なのです。

キャッシングやカードローンを契約する際に、金融会社側から勤め先の会社に対して、契約者が実際に勤務しているのかを、電話を掛けるなどして確認する作業を「在籍確認」といいます。

在籍確認は、基本的には「○○と申しますが、□□さんはいらっしゃいますでしょうか?」といったように個人名で掛けてくれますので、その電話が金融機関からの在籍確認であることが、会社の方に知られてしまうようなことはありませんし、当人が不在でも
電話に出た方が「今席を外しています」と回答してくれるなど、とりあえずでも在籍していることが確認されればOKと認められることが大半のようです。

それでもやっぱり在籍確認はイヤ!

上記の様に個人名での電話ですので、特にばれる要素はないですし、悪いことをしているわけではないのですが、それでも周囲から不審がられるのでは?と不安に感じられる方も多いのではないでしょうか?

実は、一部のキャッシングにおいてですが、電話による在籍確認を回避する方法が幾つかあります。

  • モビット
    「WEB完結」での申込の場合は、原則電話連絡が不要です。
    ※「WEB完結」でお申込になれるのは、三井住友銀行及び三菱東京UFJ銀行に本人名義の普通預金口座をお持ち方で、健康保険証を有している方です。
  • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
    申込時に電話による在籍確認を避けたいことを伝えると運転免許証や健康保険証、収入証明書類(源泉徴収票等)等の書類提出のみでOKな場合があります。

 

 

総量規制とは、改正貸金業法で定められた仕組みで、個人の借入額が年収の3分の1を超える場合、貸金事業者から新規に借入が出来なくなる、というものです。
例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

総量規制の対象となるのは、貸金業法に基づいて貸付を行っている消費者金融や信販会社といった”貸金事業者”からの”個人の借り入れ”ですので、法人の借入や銀行などの貸金事業者以外からの借入については、総量規制の対象外となります。

その他、総量規制には「例外」と「除外」があります。

総量規制の例外

”総量規制の例外”となるのは、おまとめローンやローンの一本化といった、借り換えの場合を対象に、旧契約より、「金利が安くなる」「総支払額が減少する」「月々の支払い額が減少する」等、借り手に対して一方的に有利になる契約となる場合に、適用されます。

その他、銀行などの貸金事業者以外からの借り入れを行うまでの「つなぎ資金」や緊急的に必要となった「医療費」等が「総量規制の例外」として扱われます。

総量規制の除外

住宅ローンや自動車ローンといった担保設定のある借り入れについては、総量規制の除外として扱われ、総量規制の貸付残高としてはカウントされません。


前述の通り、総量規制の対象はあくまで、消費者金融、信販会社(クレジットカードのキャッシング)ですので、そもそも銀行のカードローンは、対象外です。

総量規制一杯までお金を借りることがあるのかは別としておいても、はじめてキャッシングを利用するなら、まずは銀行カードローンから申込をしてみるのがオススメです。

 

Q.金利の表示が○○%~○○%となっている場合、私は幾らの金利で借りれるのでしょうか?

改正貸金業法施行され、最高金利は下記のように定められています。

  • 融資額が10万円未満の場合の最高金利は、年 20%
  • 融資額が10万円~99万円の場合の最高金利は、年 18%
  • 融資額が100万円以上の場合の場合の最高金利は、年15%

つまり、これ以上の金利が適用されることは、法的にあり得ませんが、これはあくまで「最高金利」なので、実際に幾らの金利になるのかは、金融機関次第と言うことになります。

実際に適用される金利の多くは、会社毎よって大きく異なりますし、契約時の利用限度額によって大きく変わりますので、各社で確認する必要がありますが、幾らの限度額に対して幾らの金利になりますということを明確化し公開しているケースも多いので、そちらの表を参考に自信の希望限度額を元に金利を確認することは可能です。

三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額別金利

ご利用限度額 借入利率(年)
500万円 4.6%
400万円超~500万円未満 5.6%
300万円超~400万円以下 6.1%
250万円超~300万円以下 7.1%
200万円超~250万円以下 8.1%
150万円超~200万円以下 9.6%
100万円超~150万円以下 11.6%
50万円超~100万円以下 12.6%
10万円以上~50万円以下 14.6%

オリックス銀行カードローンのコース別金利

コース ご利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 3.0%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 6.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 9.0%~14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%