総量規制って何ですか?

総量規制とは、改正貸金業法で定められた仕組みで、個人の借入額が年収の3分の1を超える場合、貸金事業者から新規に借入が出来なくなる、というものです。
例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

総量規制の対象となるのは、貸金業法に基づいて貸付を行っている消費者金融や信販会社といった”貸金事業者”からの”個人の借り入れ”ですので、法人の借入や銀行などの貸金事業者以外からの借入については、総量規制の対象外となります。

その他、総量規制には「例外」と「除外」があります。

総量規制の例外

”総量規制の例外”となるのは、おまとめローンやローンの一本化といった、借り換えの場合を対象に、旧契約より、「金利が安くなる」「総支払額が減少する」「月々の支払い額が減少する」等、借り手に対して一方的に有利になる契約となる場合に、適用されます。

その他、銀行などの貸金事業者以外からの借り入れを行うまでの「つなぎ資金」や緊急的に必要となった「医療費」等が「総量規制の例外」として扱われます。

総量規制の除外

住宅ローンや自動車ローンといった担保設定のある借り入れについては、総量規制の除外として扱われ、総量規制の貸付残高としてはカウントされません。


前述の通り、総量規制の対象はあくまで、消費者金融、信販会社(クレジットカードのキャッシング)ですので、そもそも銀行のカードローンは、対象外です。

総量規制一杯までお金を借りることがあるのかは別としておいても、はじめてキャッシングを利用するなら、まずは銀行カードローンから申込をしてみるのがオススメです。