契約時の在籍確認について

キャッシングやカードローンを契約する際に、金融会社側から勤め先の会社に対して、契約者が実際に勤務しているのかを、電話を掛けるなどして確認する作業を「在籍確認」といいます。

在籍確認は、基本的には「○○と申しますが、□□さんはいらっしゃいますでしょうか?」といったように個人名で掛けてくれますので、その電話が金融機関からの在籍確認であることが、会社の方に知られてしまうようなことはありませんし、当人が不在でも
電話に出た方が「今席を外しています」と回答してくれるなど、とりあえずでも在籍していることが確認されればOKと認められることが大半のようです。

それでもやっぱり在籍確認はイヤ!

上記の様に個人名での電話ですので、特にばれる要素はないですし、悪いことをしているわけではないのですが、それでも周囲から不審がられるのでは?と不安に感じられる方も多いのではないでしょうか?

実は、一部のキャッシングにおいてですが、電話による在籍確認を回避する方法が幾つかあります。

  • モビット
    「WEB完結」での申込の場合は、原則電話連絡が不要です。
    ※「WEB完結」でお申込になれるのは、三井住友銀行及び三菱東京UFJ銀行に本人名義の普通預金口座をお持ち方で、健康保険証を有している方です。
  • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
    申込時に電話による在籍確認を避けたいことを伝えると運転免許証や健康保険証、収入証明書類(源泉徴収票等)等の書類提出のみでOKな場合があります。